名もない水面に映る月
失われた物語の作者の乱文
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010年9月4日
 今日は「BECK」という映画を観に行きました。もとは講談社さんから出版されている「少年マガジン」の漫画なんですが、映画化されました。
 私が「BECK」の存在を知ったのは今年入ってすぐなんですが、どっぷりハマりました。
ちなみに私がハマったのは「BECK」だけではなく、作者のハロルド作石氏にハマりました。
そんな話しは置いといて、映画を観て私は思いました。
映画化もしくはドラマ化されるとき原作とは違いアレンジがあるとき、原作者はどう思うのか――と。
私も小説家としてデビューしたあとには、自分の作った人物達が映像として動いて欲しいと思うことがあるわけです。
そのときアレンジされるのは別に良いと思っているのです。他の方達は知りませんが……。
ただアレンジにより一番伝えたいことが削除されるのは嫌ですね。多分そんなことは無いと思いますが……。
と言うより絶対無いですね。一番伝えたいことは多分物語の佳境にあるはずですから――。
とか言いつつ、美丘を思い出しました。
美丘ドラマ観ている人はわかると思うんですが、前回(先々週)音楽のフェスティバルに行く途中で倒れたと思いますが、原作ではフェスティバルである約束をするらしいです。
私は約束の内容を聞いたとき、カットしては駄目だろうと思いました。
知りたい方は原作を見てください。(別に私は石田衣良氏もしくは角川の回し者ではございません)

この日記はじめてしばらく経つのですがいまだにコメントがないです。
そんなにつまらないでしょうか……。
スポンサーサイト

この記事に対するコメント
お邪魔してます^^
いえいえ!ちゃんと拝読させて頂いておりますよー^^*
BBSに書き込んでしまったので、ここに書くのもご迷惑かなと思ってご遠慮させて頂いていました。
こちらの方もアメブロの方も、楽しく拝見しております^^*(と書くとストーカーみたいですね;)

BECK、母が主演の水嶋ヒロさんに惚れ込んだらしく、「絶対観たい」と言っていました^^;
原作には手を出したことがないので、弱冠気になっています。

ではでは、長いと申し訳ないので、今回はこの辺りで失礼致します^^
ホームページとブログ、それとメルマガも楽しみにしております♪
【2010/09/05 17:25】 URL | 織子 #TEJWD31g [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://wingoflacquerblack.blog55.fc2.com/tb.php/8-12638411
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

雨月俊介

Author:雨月俊介
小説書きです
将来は作家志望

サイト
http://royaljet.web.fc2.com/



Lc.ツリーカテゴリー



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



リンク



FC2カウンター



リンク



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QRコード





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。